2008年12月28日

故郷ロケ 音入れ

 仕事納め直後のカナちゃんに来てもらい、先日の故郷ロケ編集用の音入れ等をした。ご協力感謝!結局夜中の三時くらいまでかかったけど、後半はワイン飲みながらわいわいとやっていたので、結構楽しかった・・・のは私だけか?音担当の弟君は、年に何度かあるらしい目眩に苦しみながらの仕事。やあ、ご苦労さんです。気楽な私は思うのだが・・・この作品は、妥協している部分がほとんどないので、できあがりもきっといいものになるね。
 もう一本のドラマ撮影も、ほぼ撮影終了。協力してくださった劇団の方々、本当にありがとうございました。
 ラジオドラマは来年から本格的録音。脚本はほぼ三分の一完成。声優さん一人に三役ずつ割り当てての脚本作りだけど、少し難があるのかもしれない。声だけのキャラ分けは大変なんだな。この点をどう克服するか・・・まあ、食べていくための技術だから、それはやっぱり簡単じゃないのだろう。努力と工夫ですね。

 ところでトルコ旅行から帰ってきたカナちゃんにもらったお菓子(トルコで一番おいしいとのこと)、甘いんだが、くず餅のような感じで本当においしかったです。トルコに知り合いがいたら、日本のくず餅を送ると喜ばれるんじゃないだろうかね、などと思いながら食っていた。
 
 飯島愛さんのご冥福をお祈りします。
 死因はよくわからないようだけど、孤独死っていうのは、やっぱり私には衝撃があるな。実は、身近にもそういう方がいたので、人ごとじゃない気がするのです。え?この前まで元気だったのに?とそのときも相当考えさせられた。老衰で、っていうのならまだわかるけど、いやだなあ、マンションで独りぼっちでなんて。

 08年もあと数日、といいながら、まだ仕事が終わらん。忙しいなあ。
 独りで死ぬことを考えれば、忙しいなんて言うのは贅沢な話なんだが・・・・・
posted by 「収穫」 at 13:42| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作: 演劇/ドラマ/ラジオドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

大雪の中

 行ってきました、故郷ロケ。
 朝5時出発。大寒波の襲来で道路の凍結などが心配だったのだけれど、高速でもそれほど難もなく現地へ到着!と、思いきや、到着直前から雪が激しく降り始め、インターを降りた後ほんの数十分後には、一面が雪景色になっちゃった。オーマイー×!こんなに雪が降るなんて、この地ではそうそうあるもんでない。なんじゃこりゃー、って感じです。しかし、撮影はして帰らないと、何をしにきたのかわからん。
 ということで、極寒の中、撮影は始まる。かなちゃんに鬼のように指示を出す三兄弟。かなちゃん、ご苦労様。弟曰く、「この映像見たら、北海道かどこかと勘違いするんじゃないか?」確かに。午前中の撮影は、拷問でしたな。特に映像担当の弟は、寒さで半死状態。ロケは天候に左右されるっていうのが、まさに身にしみてわかった我々です。しかし、これはある意味、天からの贈り物。だって、こんな風景でストーリーつくれるのもそうそう機会ないし。これ貴重な映像になるんじゃないかな?とポジティブに考える。
 市役所の観光課の方々のおかげで、普段は撮影禁止の場所でもバシバシ撮れたし、重光さんの貴重な資料も映す事ができた。この点でも、今回の映像は貴重だな。
 話の内容を少し変更しないといけないけど、結構いいものができると思う。乞うご期待だ。

 先日行われたラジオドラマのデモ録音。
 めちゃくちゃにおもしろく録れている。これが編集されて、効果音などが全てついたら、これは立派な商品になるね。声優さんたちの創意工夫、なにより練習がこういった結果につながっているんだね。感謝、感謝。たぶんラジオドラマはじきに軌道に乗るだろう。次なるは、ネトラジ(ネットラジオ)だな。。。

posted by 「収穫」 at 18:41| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作: 演劇/ドラマ/ラジオドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。