2009年09月27日

R.I.P.

 忙しくてゆっくりオフが取れなかった週末。いかんなー、これは。
 今週末はちょうど満月。仕事をチャッチャカ済ませて、絶対中秋の名月をたのしむのだ。天気がいいことを祈っておこう。
 
 気がめいったときによく「クレヨンしんちゃん」を観てなごんでいたんだけど、残念なことになりました。
 日常の一こまをおもしろおかしく描いて、何百っていう話をつくっていた原作者は、ある意味天才でしたね。家族愛や平穏な日常の大切さがテーマにあったので、ただおかしいだけでなく、時々とても心あたたまる気持ちにもなっておりました(ダウンタウンの松本さんも、涙が止まらない話があったとコメントしていたと思います)。

 一部で、臼井さんと宗教のことが話題になっているみたいですが、なんとまあ、世間様はホント残酷です。

 ところで、なんでもない山での滑落死っていうのは、ベテランの登山家にもあるみたいで、チョモランマなどにも登っていた私の知り合いも数年前、すぐ近所の山で亡くなりました。
 山が呼ぶのかもしれません。

 お二人ともどうかR.I.P。
posted by 「収穫」 at 20:08| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

キンチョール

 海辺では、日頃見慣れないものにであったり、日頃気にしていないものを再認識したりと、外を眺めているだけで時間がたってしまう。
 「ゆーやけ、こやけで 日が暮れて 山のお寺の鐘が鳴る おーててつないでみなかえろ からすといっしょにかえりましょう」(中村雨紅:なかむら・うこうさんの作詞で、八王子市の情景を詠ったそうですけど)、という歌があるけど、本当に、カラスって夕焼け空を飛んで帰っていくんですね。たぶん、子供の頃は当たり前のように見ていた風景ですけど、この年になって、あらためて夕焼けとカラスの組み合わせが目に焼きついた次第です。カラスもこういう情景に入るとそれほどいやなものでもないが・・・(私の住んでいる福岡は、家庭ゴミの収集が夜間に行なわれるので、カラスが大群をなして道端のゴミ袋を漁っているという場面はあまりないのです・・・よかった、福岡で)。
 また、すぐ近くでピーヒョロヒョロと鳴く鳥がいて、その鳥は、これまた「とんびがくるりと輪をかいた ほーい、の、ほーい」っていう歌のとおりに、くるくると輪を描いて飛んでいる。
 
 のどかな風景ばかりじゃないのも確かで、先日は、弟君の部屋にハチが舞い込んで大変だったらしい。笑っていたら、なんと翌日は、私の部屋にハチが!・・・殺ねばこちらが殺られる!っていう感じでしたので、前もって買っていたキンチョールをシュッシュ・・・キンチョール買ったのなんて何年ぶり???
posted by 「収穫」 at 22:00| 福岡 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

ハヤシカレー?

 「我が家」でのテーマはとにかくリゾート。ゆえに、ゆったりとするためにも、できるだけ食事はきちんとしたいと思っている。特に夕食では、コンビニの弁当をむしゃむしゃと食べるようなことはしたくない。 出来合いのものを買ったにせよ、風景を眺めながらゆっくりと食べよう。なるべくなら、料理もしよう。そう思っている。
 先日は、弟君からハヤシライスとカレーのルーをまぜるハヤシカレー?を伝授してもらった。ナスを入れすぎたので、満点とはいえなかったけど、なかなかの美味。いいものを教えてもらった。
 
 次回からナスは炒めたものをトッピングということで・・・。

 さて、問題は〜・・・冷蔵庫だ。
 板氷で間に合っていたので、つい冷蔵庫まで気がまわっていなかったのだけど、うーん、迷いどころだ。あるにこしたことはないが、これから寒くなるしな・・・どうするべ・・・
posted by 「収穫」 at 01:39| 福岡 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

星座ディスク

 昨日時間があったので、博多駅で白ワインを買い、バスでベイエリアへ。そこからフェリーで夜景を見ながら、「我が家」へ行った。まるで「さびしんぼう」の世界。(博多埠頭から出ているフェリーは、二階へ昇れば景色を堪能できる。これからは、コートなどの用意が必要だろうけど、夕日の時刻に利用すると最高だ。)海辺の夜は意外と寒い。冬はかなり覚悟をしておかないと・・・ただ、博多湾を見ながら一杯やるとホントにリラックスができる。今の内に調理免許を取っておいて、老後は、ここでレストランでもやるかな・・・完全予約制で、一日一組ってことになるだろうけど。
 
 せっかくだから星座に詳しくなろうと、デパートで「星座ディスク」なるものを買った。千円ちょっとのものなんだが、星座盤を日時に合わせるとその時間にどんな星がどの方角に見えるのかがわかる便利物。昔、科学雑誌の付録なんかについていた、あれです。ただ、意外に、使い方が難しい。大気の条件で、思ったほど星座が見えないのかもしれないが・・・冬になったらもっとはっきりわかるんだろうかな?

 醤油、コーラ、コーヒー どれも好きなんだが、こういった色の濃いものは、あまり体に良くないそうだな。わかっていながらどうしても摂取するなら、緑茶だそうだ。紅茶じゃなくて緑茶。
 単純だから、最近は、緑茶をよく買う。
posted by 「収穫」 at 19:45| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

「虫」


 リゾートマンション生活はかなり好調だ。夏の終わりに住み始めたので、ひと夏損したかなあともおもったけど、秋口のこの季節も結構いける。虫の音やコスモスなど、リラクセーションにはもってこいの要素に囲まれております。先日は満月を天体望遠鏡で観察。月のあかりってめちゃくちゃ明るいのだなあと実感した。昔の人が月を題材に詩を読みあったのがよくわかる。
 月や虫の音、これにお酒とお饅頭でもあれば・・・来月の満月が待ち遠しい〜。私はやっぱりジャパニーズ。
 あ、ところで、英語には、「虫の音」のように認知された表現はあっても、「虫がなく」「鳥がなく」というようなぼんやりとした「なく」という意味の表現(上位語とでもいうか)はないようだ。
posted by 「収穫」 at 21:38| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

観覧車

 先週末、三歳の姪がやってきた。
 玄関で靴を脱ぎながら「おじゃましまーす」と「茶色いうさぎちゃん」を片手にリビングに走り込んでこられると、「ああ、自分はこの子のおじさんなんだなあ」とあらためて実感してしまう。
 バーベキューも終わって、一人夜景を見ていると、「おじちゃーん、みんなが待ってるよー」と私を呼びに来る。
 「おじちゃんは、星をみていたいんだけどなあ」
 すると姪は、パイプいすを動かして私の横へやって来て、遠くに見える観覧車の話を始めた。なんでも、先日、パパとママとSおじちゃんの三人で観覧車に乗りに行ったらしい。Sおじちゃんは観覧車の下で待っていたそうだ。へえ〜・・・
 弟夫婦とSおじちゃんに確かめてみると、どうやら作り話らしい。
 姪はこういった布石を打つのがうまい。
 翌日結局両親と観覧車を満喫する姪だった。

 なんとか家具も整ったし、あとは、仕事との使い分けをうまくやりながら、レジャーライフを送らねば。

 昨日職場に戻ると、メールの山。
 ううう・・・どうせわけのわからない内容なら姪の話の方がいい
posted by 「収穫」 at 08:41| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。