2010年06月29日

海の中道

 昨年購入した海の中道のリゾートマンション。いよいよ夏到来のこの時期になると、自分の中で価値観上昇ぎみ。週末行けるときは、未だに、遠足気分になる。最近は、近所にできた食材店のおかげで、料理の楽しみも増えてきた。新鮮な野菜と魚を買って、昼くらいから適当に料理して、チビチビやる。いいんだな、これが。バルコニーにハンモックをつりたいと思うので、店を探したら、薬院にそういう店があるようだ。値段もそんなに高くない。時間のあるときに行ってみようと思う。
 
 ところで、海の中道というのは、かなり珍しい地形らしいね。ウイキによれば、全長約8 km、最大幅約2.5 kmの巨大な砂州で、大岳などは古第三紀層の丘陵なのだそうだ。これって、あのジュラ紀より前のもの?凄くないですか?景観もすこぶるよく、「美しい日本の歩きたくなるみち推薦会議」が発表した日本の美しいと認められた道500コースの一つにも選ばれている。志賀島まで行けば、もちろんそこは、金印発見の場で、超有名スポット(わりには、さびれたスポットだけど)。

 しかし、私、最近知ったのだが、この海の中道は、マリリン・モンローがドライブをしたところでもあるんだな。昔、このあたりに、アメリカ軍のキャンプ場があって、そこへ慰問かなにかで来たらしい。福岡へ来たことは知っていたし、市内にはモンローが座った椅子があるのも知っていたけど、海の中道のドライブエピソードは知らなんだ。

 海の中道っていいよねえ。こんどモンローの映画観よ!
 自分のこの単純さが好き。
posted by 「収穫」 at 04:13| 福岡 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

ティファニーで朝食を

 「ティファニーで朝食を」
 日本でティファニーブランドが定着したのは、この映画の影響だそうだ。そういえば、30年前にニューヨークへ行った時、例に漏れず私もこの店へ行ったことがある。きっとこの映画を観ていたからだろう。店中にカメラがあったことを覚えている。防犯カメラって、今じゃ当たり前だけど、昔の日本人には珍しかったのです。

 この映画自体は1961年、つまり、今から約50年前の作品。

 いやあ、ちょっと信じられませんな。主人公の女性の自由奔放さ、彼女が住んでいるアパートの広さ、玄関のセキュリティー、ニューヨークの摩天楼、ティファニー、どれをとっても、驚きの一言。現在の日本でも描写不可能なものばかり。(日本の大都会にも高層ビル群があるけれど、素材の重量感や道幅の広さなど、摩天楼と比較するとその質感は全く違う。)
 50年前の様子がこれだもの。経済大国日本などとほざいていても、国力という点から見れば、とうていかなうはずのない相手。アメリカは大嫌いな国だけど、この点は認めないとな。日本はこんな国を本気で相手にして勝つつもりだったわけで・・・無謀を通り越している。
 そう言えば、この映画、日本人の印象をアメリカ人に決定づけたものの一つでもある。わけのわからない生活を営む、出っ歯で、神経質で、ちょいすけべな日本人男性(演者は日本人ではない)。戦後15年経っても、アメリカ人にはこういう印象だったのだろう。あはは、なんて不気味な人種なんだろう、日本人は。ちなみに当時の日本の若者は「太陽の季節」(56年)などでわいていた・・・
posted by 「収穫」 at 04:40| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

見たかも

 6月12日、そうですねえ、夜9時55分から58分くらいの間でしょうか、博多ベイサイドプレースの上空に、なにやらUFOらしきものをみました。
 北の方から、オレンジ色の光をメラメラと光らせながらこちらへ飛んでくる飛行物体がありまして、よーく見てみたのですが、飛行機特有のチカチカした点滅もなく、ヘリコプターのバタバタ音もなく、ただ静かにオレンジ色の光をメラメラとさせながら飛んでいました。
 私が、上空をじっとながめていると、他の人も私につられて空を見上げ、みなさん「あれはUFOじゃないか?」とおっしゃっていました。

 一週間考えてみて、また、ネットなどで調べてみても、正体がわかりません。
 やはり UFOだと思います。はい。
 だってあんなに全体がメラメラとオレンジに光るような飛行物体って、ないっしょ。

 昔、火の玉もみたしね。
 きっとあれはUFOですな。
posted by 「収穫」 at 21:22| 福岡 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

がんばれ!

 12日、13日と二日間、女子大生たちと宮崎口蹄疫被害への義援金集めをやった。
 警察への道路使用許可申請、宮崎県事務所とのやりとり、雨天時募金場所の所有者との使用に関する交渉など、すべてを彼女たちがテキパキとやっていった。みなさんとても協力的で、やさしくアドバイスなどもくださったとのことです。
 こういう連絡関係ばかりでなく、実際は、募金シフトの作成などがやっかいなんだが、これもチャキチャキと臨機応変にやっていく。なんとまあすばらスゥイー!参加者は約50人で(この人数にも驚き)、彼女らが5班に分かれて募金シフトを組んだ。
 若い子の企画力の弱さを日頃嘆いている私だけど、今回ばかりは驚き桃の木山椒の木。

 本番当日、両日の天気予報はどちらも雨、雨・・・だったにも関わらず、ありがたいことにどちらもハズレ。日射病の心配もないような、募金には最適な天気となった。実は、天気予報が雨だったので、前日、実行委員長の学生は、てるてる坊主をつくっていたのだ。それが効いたに違いない。というか、女子大生がてるてる坊主って・・・なんとまあかわいいではありませぬか。ちなみに彼女曰く「てるてる坊主は意外に作るのがむずかしいんですよね。下げたとき形よくぶら下がらない。」ほお〜。
 二日間、約12時間、みなさん、モクモクと募金集めをやったのですが、さて結果は?募金運動の場所は、県下で最も人通りが多いところと言っていいけれど、それにしてもなんとまあ、二日間で集まった義援金は大変な額でビックラこいた!正式発表前なのでここに詳しく書けないのが残念だ。
 募金に協力くださった方々には、年齢や性別の偏りはほとんどなかったとのこと。宮崎の口蹄疫問題を、他県のことであろうと、いかにみなさんが身近な問題として心を痛めているのか、心配しているのか、あらためて認識したのです。
 百年に一度の大不況に見舞われている日本だけど、まだまだ、人の心は熱い!のですな。
 口蹄疫で大変な状況のみなさん、どうか頑張ってください。




 
 
posted by 「収穫」 at 20:55| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

まだ若い

 毎朝出勤する際に、マンション一階にある郵便受けを見るのが日課となっている。請求書や手紙など、自宅で読むべきものは郵便受けに残しておいて、帰宅時にとって7階の自分の家で読む。どうでもよいジャンクメールやフリーペーパーなどは、鞄に押し込んで職場まで持って行き、そこでコーヒーを飲みながら読む。後者の中には「あなただけに教えます。このマンションの一室が売りに出されます」といった怪文書(まあ入札かなにかにかかっている部屋があるんでしょ)のたぐいから、「◎◎にいたずらした犯人は名乗り出てください!」といった警告文まで、なかなか時間をつぶすには十分な読み物がある。
 先日は、婚活用のフリー冊子が入っていた。目を通してみると、全国のお見合いパーティ情報(一ヶ月分だっけな?)がリストになっている。九州を見ても、その数たるや凄まじい。福岡だけでも数十から百くあらいはあったろうか(印象だけですが)。リストに表示されているのは、パーティの名称、場所、日時、条件(年齢)、会費といったもの。ほとんどがホテルなどの施設で行われるようだ。ま、ほとんどのパーティの年齢設定が、自分には合わないのでどうでもいいんですけど、笑っちゃうと言うか、呆れるのは、会費の部分。そのほとんどで、(あくまで例ですが)男5000、女1500のように、男性が数倍高いんだな、これが。
 まだまだ日本では女性が職場では虐げられているからだろうか?
 女性は男性より職を見つけにくいのだろうか?
 婚活をする女性は収入が男性より少ないのだろうか?
 まあねえ、どれも事実なのかもしれないけど、なーんか、しっくりこないこの設定。単純になんでー?と・・・未だにこんな世界なのねえ?

 といいながらも探してみると、男性・女性がイーブンな会費設定のパーティも数件あった。おお、まともじゃん!
 年齢を見ると男女ともに52歳までの参加。ふーん・・・色んな意味での、ふーん・・・

 そう言えば思い出したぞ。今の職場に26歳で雇われたんだが、就職したてはわけもわからず律儀に飲み会へ出席していた。忘年会あり新年会あり。しかしなあ、年輩の女性セインパイの方々、ぺーぺーの私の三倍、四倍の給料をもらっておきながら、女性割引の会費で飲んでいた。「(男性幹事)男性は6000円、女性は3000円でいいですよー」「(なんの疑問もなく女性陣)はーい」ってな感じ。そんな彼女たちがよく言ってたよ、うん。男女共同参画と。

 職場の飲み会は、最初の数年参加していただけで、その後は、完全に拒否。だから、事情はようわかりませんが、社会では、この「飲み会やパーティでは、収入や地位にかかわらず、女性は格安」というシステムがいまだに機能しているようですな(あくまで一般論)。

 恋人同士なら、おごられる喜びもあっていいだろうけどよ。初対面や会社の飲み会っていうのは、どうなんだろうねえ。疑問だな。と、婚活パーティに出席できない年齢の私は思うんだ。
 
 哀しいことに、本日さらに婚活パーティが遠のく歳となったわけでしてな。最近は、目が小さい子の方にばかり向く私。美人のママとかわいい子供。この組み合わせが前を歩いていると、一日幸せ・・・お、まだ、若さは残っているな。
 
 と、眼鏡を下へずらしながらタイプしている私。
posted by 「収穫」 at 02:43| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。