2011年04月24日

MAST33

 先月やったアレルギー検査の結果を聞きに行った。
 MAST33という検査で、以下の33アレルゲンに関する情報が血液検査で得られる。この検査では、採決から数日〜1週間くらいで結果が出ます。

(花粉)
・ スギ    ・ ハンノキ   ・ ハルガヤ   ・ オオアワガエリ
・ ヨモギ   ・ ブタクサ   ・ カモガヤ    ・ シラカンバ
・ ヒノキ
(食物)
・ 卵白    ・ 大豆     ・ 小麦      ・ チェダーチーズ
・ 米      ・ 牛乳     ・ マグロ     ・ ピーナッツ
・ 牛肉    ・ 鶏肉     ・ ソバ       ・ サケ
・ エビ     ・ カニ  
(室内塵、ダニ)  
・ ハウスダスト1         ・ コナヒョウダニ
(動物)
・ ネコ皮屑  ・イヌ皮屑
(真菌) 
・ カンジダ     ・ ペニシリウム     ・ クラドスポリウム
・ アスペルギウス ・ アルテルナリア
(その他)
・ ラテックス

 結果では、ルミカウントという数値がそれぞれのアレルゲンに記されている。このルミカウントの数値は、0〜6までの7クラスに分類される。ルミカウントの数値が大きければ、クラス値も大きくなり、それだけ陽性の度合いが大きくなる。ちなみにクラス0の陰性は測定値(ルミカウント)0〜1.39まで。

 で、私の場合は、0.00の数値以外もちょこちょこあるんだが、結果としてスギ(106.00でクラス4)、ヒノキ(3.14でクラス2)、これら以外は陰性(クラス0)で問題なし。というか、これはもろ花粉症じゃ〜。 やっぱりか・・・ 

 結果がわかってもどうにもならんわけだけど、この検査はおすすめ。
posted by 「収穫」 at 02:52| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

かわいそうにな

 くしゃみ、鼻水、絶好調の今日このごろ。花粉症がこれほどつらいのは初めてだ。アレルゲンはスギとばかり思っていたけど、ヒノキもかもしれない。なんか年々原因が増えて行きそうでこわい。来週血液検査の結果でアレルゲンがはっきりわかるんだけど、でもこれって結果知らされてどうなるっていうんだろうな?防ぎようないしな・・・などと、なんともたわいもないことで悩んでいる。被災者のこと思えば花粉症なんて・・・

 福島の被災者が、大人も子供も含めて、避難先で差別されはじめているとのこと。「放射能がうつる」からだそうだ。地震で恐い思いをして、津波にやられ、原発事故の流れ弾にあたって、あげくのはてに避難先でとんでもない仕打ちにあう。ひどい例になると、医者が被災児童の治療拒否をしたり、公営住宅入居を門前払いをしたり(これ岡山県らしいけど)なんてのもあるらしい。
 小学生の頃阪神・淡路の震災で被災した北川景子さんが、未だにトラウマに苦しんでいるという記事が出ていたけれど、今回の震災でこういった陰湿ないじめにあった子供たちは、北川さん以上に苦しむことになるんだろう。原発の利用をいままで容認してきた大人はある意味しかたないけど、子供はなんとしてでも守ってやりたいものだ。

 ところで、このニュースを流している週刊ポストの記事はこう結んでいる。

 「こうした実態を見てなお、「原発地域の人は奇形児と白血病が多く、みんながんで死ぬ」などとデマを振り撒く者たちが、「人権活動家」のような顔をすることは許せない。いたずらに「放射能だ、放射能だ」と煽るマスコミや、これを政治運動に結び付けようとする左傾学者も同罪だろう。」

 ???被災者が差別されているという記事はよしとして、この結びは一体なんだろう?唐突でわけがわからん。ここで指摘されてる人権活動家や学者とは一体だれのこと?なんとも、煮え切らない気持ちの悪い文章だ。暗闇から狙い撃ちしているような姑息な書き方というか。記者の右傾思想が気色の悪い感じで漂っている。週間ポストを Wikiで調べてみると、案の定、この週刊誌の編集方針は保守的で、反中・嫌韓とのこと。ふーん・・・
posted by 「収穫」 at 01:34| 福岡 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

大江アナに拍手

 昨日池上さんがアメリカやロシアなど大国の裏側を紹介する番組があったので、なんとなく観ていた。中でも大江アナが取材した隣の大国の話は非常〜にためになった。
 大都市で細々と暮らしている農村出身の男性に密着取材を試みる大江アナ。都市での暮らしぶりの取材まではスムーズに行われていたけど、その男性の田舎の実家へ取材に行ったときのこと、両親やその男性にインタビューをしていると、いきなり警察がやってきてなんと大江アナは拘束されてしまう。その男性の家は道から奥へ入ったところにあり、どう考えてもピンポイントでその男性の家に警察がやってくるのはおかしい。近所の人が警察に密告したとしか思えない。なんつーこと!大江アナ〜!こわかったろうな。取材では現地の人と流暢に会話をしていた大江アナ。言葉を勉強したくらいだから、結構彼女にはお気に入りの国なのではないかと思うけど、驚きの体験をしてしまったもんだ。無事に帰国できてよかった、よかった。大江アナファンとしては、もう二度と行かないで欲しい。
 ここはとりあえず大江アナには拍手だな。

 スタジオでの解説によれば、貧富の格差がかなり問題になっており、国としてはそういった部分を外国に見せたくないらしい。人は嫌いじゃないが、やはりしょうもない国だわ。仲良くしたいけど、これは無理かもしれないな。友好のつもりで行っても拘束されちゃあたまらん。

 しかし、あの番組、結構思いきった番組だったな。大使館からクレームとかこないといいけどな。
posted by 「収穫」 at 01:25| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

子供がなあ

 2月にポリープで入院したが、その費用を保険会社に請求したら、全額プラスお見舞い金まで振り込まれていた。毎月保険料がバカにならないななどと思いながら支払っていたけど、保険というのはこういう時のためなんだなあと実感する。たった三日の入院だったけど、そのまま払っていたら結構な金額になるからな。リッチな入院生活ができたのも保険のおかげであ〜る。

 病院通いは続く。先日は花粉で顔がパンパンに腫れあがってしまい、病院へ行ったら眼科と皮膚科で目薬やら飲み薬やらしこたまいただいて帰って来た。以前から自分のアレルギーの詳細を調べておかないととは思っていたけど、ここにきてやっと血液検査をすることに・・・今月時間があるときに結果を聞きにいくつもりだ。眼科にくらべて皮膚科の待ち合いには大勢の人がいた。みなさんきっと花粉症なのねえ。ああ、ついに、みなさんの仲間入りである。自分が薬を頼るようになるなんて思ってもみなかったんだが。痛みはある程度こらえられても痒みはそういうわけにいかない。薬はしかたないのかもしれん。と思いつつも、死ぬまでこの状態が続くんだろうかと不安になる。やはり老後は花粉の影響のない所へ移住した方がいいのかもしれないな。スペインって花粉飛んでるんだろうかなあ・・・?
 
 東日本の大震災からしばらくなるけれど、やはり日本って言う国は恥ずかしくらいに幼い。日本全体が復興に向けて目が向いていた感じがしたのは最初の数日だけで、最近は、政党批判や現場への不満ばかりじゃないか。政治家もマスコミもどうにかならんかな。いまさら無能な政府の批判をしてどうなるんだろうか?今のこの状態になっているのは、60年以上もの間に自民党が溜めこんでいた恥部が露呈しているだけで、現与党の責任なんぞたいしたことないよ。ここぞとばかりに与党批判してもしかたないんだな。と言いつつも、選挙では自民党に入れるかもしれんが・・・

 さてさて、原発はその後大変な展開になってきましたな。私も最初はシーベルト数を見ながら、騒ぎ過ぎだと傍観していたけど、その後海外のメディアの報道を見ていると、だんだんと日本の報道が怪しく思えるようになってきた。最初は騒ぎすぎていた日本のマスコミが今度は情報操作されて、事実を隠し始めているようだ。昨日、海水にまで影響が!なんて報道されてたけど、あんなのずっと前から海外では当然のように指摘されていたわけで、昨日の報道はたぶん隠しきれない状況にきたからなのかもしれませぬ。汚染の調査に他国からわんさか来てるからね。

 しかし、マスコミどうにかならんかな。パタパタとヘリ飛ばして現場の邪魔するし、インタビューに行っても、物資を運んで行くわけでもないらしいし。池上さんが今回の場合テレビが消息報道を沢山して貢献していると言ってたけど、そんなの当たり前で誉めるようなことでもないと思う。国難なんだから、スポンサーも何も関係ない。各局がさっと話し合って、報道の範囲を分担するとか、消息番組はこの局がするとか、そういうチームワークくらい見せられないでどうするんだろう。情報っていう点では完全にネットの方が有効なことが証明されたように思う。知りたい情報を自分で見つけ出せるからね。いつどんな情報が出てくるのかわからないテレビよりずっと便利だ。

 先日海外の記事で、シンガポールが日本から輸入した野菜の放射能検査をしたら、基準値の9倍の値だったっていうのを読んだ。これってどういう意味があるかっていうと、日本で騒がれている地域の野菜以外、つまり輸出できている野菜にも、放射能汚染が見られるっていうことで、これが報道されていない日本はどっかで情報のコントロールがあるっていうことです。
 関東も含めてあのあたりの土壌、作物、水、魚介類は、私たちが日本国内で知らされている状態よりずっと悪い可能性が大っていうことになるかもしれん。日本以外の国の見解としては、今から数十年その地域は大変な被害を受けるだろう、っていうものに固まりつつあるようだ。
 とはいえ、海外も騒ぎ過ぎのような気もするのも事実・・・アメリカ東海岸のメディアが自分たちに降り注ぐ放射能値をものすごく心配しているのには、正直笑えたよ。あんたの国、二発も爆弾落としておいて、おまけに、原発だらけじゃないか。日本とフランスの原発電力足してもかなわないくらい原発を使っているし、その原発の電力でも国の電力の20%しかまかなえない。どう考えてもエネルギーの使い過ぎなんだな。それが「わー、放射能が〜!」って騒いでいるんだからね。どこまで自分勝手なんだろ??

 正直な話、50越えたオトナはもう放射能だなんだって騒いでも仕方ない。自分たちで作った世の中なんだからね。
 しかし、子供はなあ。かわいそうだな。
posted by 「収穫」 at 04:54| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。