2013年05月12日

結城宗市

 ゴールデンウイークのしめくくり。やっと会えたね、しんちゃん!
baby1.jpeg

 マンションに着くと、レザーチェアーにデデデーんと寝ていたしんちゃん。
 ハロ〜。私を見て、沢山笑ってくれた。体重は今約6キロらしい。母乳だけのお食事らしいんだが、こんなに大きくなって。体全体はまだヨーグルト状態。赤ちゃん真っただ中!ううう、おじちゃん、感動だぜ。
 夜大量うんち事件を起こすしんちゃん。うんちさえもいい匂いなんだな、これが。
 うんちしたあとのご満悦の顔もかわいすぎる・・・また、見に行こう〜。

 夏八木勲さん。ガンだったんですねえ。
 以前ここでも書いた『恋人よ』(1995)の結城愛永の父親役。すごくよかったな。
 子供の頃から見慣れていた俳優さんだっただけに、とても残念です。
 安らかにお休みください。
posted by 「収穫」 at 22:14| 福岡 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

憲法記念日

 各党が憲法改正に関するコメントを出してるね。
 改憲を進めようとする党は、現行憲法がアメリカの押し付け憲法だから、と言い続けている。私はこの論理がわからない。憲法として機能しているかどうかをまず考えるべきで、機能していないということであれば、それを第一の理由にするべきだ。
 アメリカの独立宣言(1776年)には、平等権、自然権、社会契約、抵抗権などロックの思想が繁栄された内容があるし、憲法には奴隷の廃止(1865年修正13条)や合衆国全市民への投票権の保証(1870年修正15条)などが盛り込まれている。これらは有色人種によってつくられたものではないし、(おそらく)独立宣言での平等権には有色人種(特に黒人)は考えに入れられていなかっただろう。しかし、そんな背景には関係なく、現在の合衆国ではこれらの宣言や条文が有色人種にとって重要な意味を持っている。合衆国のどこに「独立宣言や憲法は白人によってつくられたものだから、我々はあの憲法を改正せねばならない」などという有色人種がいるだろう。
 過去のいきさつを持ち出して憲法改正を訴えるのは感情論でしかない。
 ついでにだけど、アメリカなんか何度も憲法改正をしている、っていうことを言い続ける人もおかしい。私の知る限り、アメリカの憲法は本文自体は変わっておらず、加筆補正が続けられているだけなんだな。決して憲法そのものを変えているわけじゃあありません。
 
 最近なんだか暴走君の政治家が多くなってきたな。良い言い方をするなら「熱いやつら」だろうけど、その熱さがヒートアップし過ぎに思える。公の場で「天皇陛下万歳」と万歳三唱した政治家がいたらしいけど、これはさすがに「熱いやつ」の行為ではすまされぬ。万歳三唱は自然発生的に出たという弁明もあったらしいが、それならなお危ない。私は現在の天皇皇后両陛下は大好きなんだが、このニュースは両陛下はどう思われたんだろう?

 こういうことがちょいちょい起こっていると、人間マヒするもんね。来年の今頃は公の場でも、天皇陛下万歳がいたるところで聞こえるようになるかもしれんな。

 それはそうと、どっかの知事がオリンピック招致の関連で、イスタンブールのインフラが東京より劣っているとか、イスラム教の国はけんかばかりしているとか、これまたアホなことをのたもうたそうだが、日本人としては顔から火が出るくらい恥ずかしい。ほんにトルコのみなさんすまんことです。
 明治時代のエルトゥールル号の一件で、日本人にたいして今でも好意をしめしてくださっているトルコの方に心からお詫びしたい気持ちですよ。昔この話を聞いた時、また、イランイラク戦争の時、湾岸戦争の時、日本人として本当に感動した私です。
 加えて、トルコ側の抗議声明には品があった。この品ある声明がかえって知事の下品さを浮き彫りにしましたな。立場上いろんな圧力もあって血走ってしまったのかもしれませんが、知事さん、下品な発言はやっぱいかんよ。国民が恥ずかしい思いするからね。
posted by 「収穫」 at 10:10| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。